加藤 泰生
 ykatoh@yamaguchi-u.ac.jp
かとうやすお、教授

専門分野   熱工学、熱流体計測工学、混相流工学
授業担当
,
(専門教育) 工業熱力学T、工業熱力学U、

        伝熱工学、研究室紹介
(大学院)   熱物質移動工学特論、伝熱工学特論、
        複雑熱移動工学特論


         現在取り組んで いる研究テーマ
一般に、熱交換器、燃焼器、乾燥機、混合機など化学装置内で起こる固体と気体あるいは液体とが混ざって流れている場では、それぞれ複雑な挙動を示すとともに、あらゆる(伝熱、燃焼、混合、化学反応など)促進効果がある。これら、混相流(固気、固液)における、流動の特性と伝熱の特性(メカニズム)を研究するとともに、このことが、如何に、工業界に、あるいはわれわれの生活の上で活用できるのかを配慮しながらシステムの性能、経済性、利便性、装置デザインの上からも検討し研究を進めている。

自己 PR 等 ハングリーでものに対処することが重要だと考える。飽食の時代と言われて久しいが、今や、与えられたもので満足している、あるいは与えられることを待っている風潮が見受けられる。生産性、効率を考えれば、大量生産的画一化の象徴であるブロイラー的発想でも良かったのだろうけれども、将来の日本国を考えた場合、
             求め、欲し、創る

と言うキーワードが必要ではないか。それから、個人的には、執念深い初志貫徹型の技術者、研究者が好きである。長崎に生まれ育ったので、反戦平和は願いでもあり、私の信条です。

戻る